ベトナムフーコックでお土産やさんを経営している人のはなし

24歳で日本を飛び出し、ベトナム生活も3年半が経過!ベトナムフーコック島でシーフード加工の製造会社とお土産さんを2店舗経営しています!目指すはフーコック発!ベトナムシーフード加工会社の頂点です。このブログでは、フーコックでの経営の話や生活、観光情報などおもしろ可笑しく「ゆるく」更新していきます!

フォーより絶対美味い!連日大賑わいのフーコックの麺屋「Bun Quay」に行ってみました!

 こんにちは、SAVOURY SEA GIFT代表の山本です。フーコックはシーフードが有名だが、もう飽きた。。。長期で滞在しているとどうしてもこのような悩みがでてきます。

 

 そこで、今回紹介したいのはナイトマーケットから徒歩2分のベトナム麺「Bun Quay」の専門店!実はこのお店ローカルの方は知らない人はいないというほどの名店なんです。

 

* Bun Quay(ブン クアイ)とは!?

 日本人にとってベトナムを代表する麺はやはりPho(フォー)ですよね。でもベトナムには実は各地域の名産を入れると200種類以上の麺メニューがあると言われてます。Bun Quayはその一つで、フーコックの地元の漁師が生んだ海鮮麺?なんです!簡単に言うと、魚介類のすり身(海老、タラ、イカ)を茹でたものを具にした米麺なんです。

 

f:id:phuquocseagift:20171005045218j:image

 

* 地元漁師が生んだ行列のできる店
 現在はフーコックで3店舗を展開するチェーン店になった名店ですが、ここの家族はもともとは漁師さんなんだとか!?すごい成功されましたね笑

 

 ちなみに店内はかなりローカル感漂ってますが、最近できた2号店の向かいにあるお子さんのお店は一番清潔感ありますよ!ただ、ナイトマーケット(中心街)から相当離れるのでアクセスは悪くおすすめしませんが、ベトナム人スタッフ曰く、元祖一号店が一番美味いようです。漁師さんが住んでる漁師まちにあります。

 

f:id:phuquocseagift:20171005045306j:image

 

f:id:phuquocseagift:20171005045419j:image

こちらが2号店です。

 

f:id:phuquocseagift:20171005045348j:image 

そしてこちらが3号店。よほど流行っているのか2号店の向かいにできてます笑

 

* オーダーの仕方
 観光で来られた方にとって一番の難関はオーダーの仕方!流行ってるだけあって偶々通りかかった韓国人や中国人も目に止まってますが、皆さんスルーしちゃいます。それもそのはずこの店にはメニューはありません。もちろん英語が話せるスタッフなんてローカルなんでいません。
 オーダーは、20,000VND(100円)から50,000VND(250円)のBun Quayの一択です。もちろん50,000VNDと高くなればすり身の量と種類などが多くできたり、麺の量を多くできるカスタマイズ性です!下記、簡単にですがオーダーの仕方です。参考にしてみて是非トライしてみて下さい。

 

1. 基本オーダー 「mot to bun quay bon muoi ngan(モットー ブン クアイ ボンムオイ ゲン)」これは、日本語で40,000VNDのブンクアイを一杯下さいと言う意味です。ちなみに、僕がいつもオーダーするのがこの40,000VNDのものです。タラのすり身と海老のすり身の2種類が楽しめるのでおすすめです。なんとネギは入れ放題です!

 

ネギ山盛りBun Quay

f:id:phuquocseagift:20171005045151j:image

 

タラのすり身

f:id:phuquocseagift:20171005045658j:image

海老のすり身

f:id:phuquocseagift:20171005045218j:image

 

2. カスタマイズオーダー編
 もうここまで言えると十分ですが、海老のすり身の方が実は美味しいので海老のすり身だけで構わないという時のオーダーは、「mot to bun quay tom khong bon muoi ngan(モットー ブン クアイ トム コン ボン ムオイ ゲン)」と言います。Tomというのが海老と言う意味で、Tom Khongというと海老だけと言う意味になります。

 

 さらに麺を多くしろと言いたいときは、「bun nhieu(ブン ニュー)」と言って下さい。nhieuというのが大盛りという意味です。

 

 ちなみに、「mot to bun quay nam muoi ngan(モットー ブン クアイ ナム ムオイ ゲン)」で、イカ、海老、タラのすり身の全部のせになるようです。食べたことありません。。。

試食程度食べたい方は、「mot to bun quay hai muoi ngan(モットー ブン クアイ ハイ ムオイ ゲン)」で一番安い20,000VNDのものが出てきます。

 

* 必見ソースの作り方
 大げさかもしれませんが、少し薄味のお汁には自分で作る甘辛ソースがよくあいます。こちらもセルフで自分で作らなければなりませんよ!作り方は簡単なので試してみて下さい。

 

1. ライムを6個程度半分にカットして小皿に絞り入れる。このとき種も入りますが気にせず続けましょうね。

 

f:id:phuquocseagift:20171005045845j:image


2. Muoi ot duong(唐辛子塩砂糖)をスプーン一杯入れて、好みで生唐辛子も入れます。東南アジアの生唐辛子は結構辛いので気をつけて下さいね。

f:id:phuquocseagift:20171005045902j:image

f:id:phuquocseagift:20171005051237j:image

 

3. これで砂糖が溶けるまでよく混ぜ合わせれば完成です。

 

f:id:phuquocseagift:20171005051214j:image

 

 お店の方曰く、黒胡椒適量とこのソースをスプーン1、2杯スープに入れて食べると絶品のようです。すり身にも余ったこのソースをつけて食べるとまじで美味いですよ!

 

シーフードに飽きたという方は、是非このローカルに大人気のBun Quayも試してみて下さい。深夜夜遅くまでやってるようなので夜食にももってこいの一品です。最後に店内の様子を撮影した写真を紹介しときます。

 

f:id:phuquocseagift:20171005051057j:image

海老のすり身と魚のすり身

 

f:id:phuquocseagift:20171005050110j:image

釜でBun(麺)を茹でてますね。

 

f:id:phuquocseagift:20171005050148j:image

海老やタラのすり身を器に擦り付けて注がれる熱湯で調理するようです。

 

f:id:phuquocseagift:20171005050207j:image

つけだれを作っている様子(オーダーを取ってから時間があるので、その際に作ってみて下さい)

 

==========
基本情報
* 店舗名 Bún Quậy Kiến Xây
* 住所 Bạch Đằng, Khu 1, tt. Dương Đông, Tp. Phú Quốc, tỉnh Kiên Giang(ナイトマーケットから徒歩圏内)
* 営業時間 6:45〜10:30 16:00〜23:30