ベトナムフーコックでお土産やさんを経営している人のはなし

24歳で日本を飛び出し、ベトナム生活も3年半が経過!ベトナムフーコック島でシーフード加工の製造会社とお土産さんを2店舗経営しています!目指すはフーコック発!ベトナムシーフード加工会社の頂点です。このブログでは、フーコックでの経営の話や生活、観光情報などおもしろ可笑しく「ゆるく」更新していきます!

【投資家の皆様へ】英国の投資機関向けに3分間ピッチをした時の資料を公開してみます!

こんにちは、SAVOURY SEA GIFT代表の山本です。これまで約一年間、自己資金と運転資金で何とかやりくりしてきましたが、今後ビジネスをスケールさせるには投資を考える時期かなあと思ってます。

 

そんな時、友人を通して東南アジアの成長企業に投資を行う英国の投資ファンド向けに3分間ピッチを行える機会をいただきました。今後のビジネスの方向性を再考する良い機会になったので資料とともに公開してみます。

 

結論、開業当初散々考え抜いた3年後、5年後のビジネスプランとは随分とかけ離れていました。笑 

 

もし本事業にご協力いただける投資家の方がいらっしゃればご連絡いただけると嬉しいです。

 

ようこそ、KING MARTフーコックへ!

f:id:phuquocseagift:20171204201216p:image

 

当社は2016年12月に100平米弱の小さな空き家を借りて海産つまみ・せんべいのメーカーとしてスタートしました。こちらが、現在当社の強みともなっているPhu Quoc Sea Giftというプライベートブランドの始まりです。開業当社の小売店は、コンビニ型店舗ではなく自社製品のみを扱う直営店でした。時日が経つのは早いなあ。笑

 

当社の収益モデルは、1.プライベートブランドの卸売と、2.KING MARTという小売店から成っています。観光客に左右される故に、季節的影響は受けますが最初の一年間は皆様のサポートもあって右肩上がりに成長してきました。

 

f:id:phuquocseagift:20171204201112j:image

 

フーコックは「ベトナム最後の秘境」と謳われるように大きな成長市場ですが、逆に言えば今は未成熟な市場である故に、ローカルに根ざしたビジネスが多く観光客にとっては下記のような問題があります。

 

1. オーバープライス

ホーチミンなどの都市と比べると生活雑貨ですら15%から30%以上の値付けがされています。離島というデメリットもありますが、これは一次代理店さんが高額なマージンを取っていることに問題があります。

 

2. 未成熟なマーケット

陳列、清潔感、値札の未提示など店舗の内外装にも気を配らない店が多く、特にベトナム語が話せない外国人にとってはストレスのかかる店舗が多いです。

 

3. お土産がない

海産物という特産品を生かしたフーコックでしか買えないというプレミアムなお土産が存在しない。

 

f:id:phuquocseagift:20171204201116p:image

 

上記のような問題点に真摯に取り組もうと立ち上がったのが当社です。具体的には、観光客のみなさんに1. 便利で2. どこよりも安く3. 楽しくお買い物をしていただこうというのが当社の目指す未来です。

 

f:id:phuquocseagift:20171204201131p:image

 

フーコックは政府の観光指定都市として掲げられており、外国人観光客に対して一ヶ月間のノービザでの入国許可に加え、フーコック国際空港の大幅拡張など市場のサイズは年々大きくなっています。2020年には、現在の2倍の4百万人の観光客数を見込んでいます。この数字は、ダナン(ホイアン)やニャチャン、ダラットという大型都市の観光客数に匹敵する数字です。

 

観光庁が発行するデータから予測すると、お土産・買い物に費やす334Mから566M USDだと推測されます。当社はこの20%のマーケットサイズを2020年までに獲得できると見込んでいます。

 

f:id:phuquocseagift:20171204201122p:image

 

当社では、国籍関わらずあらゆるニーズに応えることができるようにお土産だけではなく様々な商品約1万点の品揃えを実現しています。

 

f:id:phuquocseagift:20171204202010p:image

 

ビジネスモデルは、Phu Quoc Sea Giftというイカのロゴマークが目印のプライベートブランドの展開と、KING MARTとい小売店2店舗(2017年現在)になります。

 

プライベートブランドは、フーコック国際空港やスーパーマーケットや一部ホテル・カラオケにまで卸しており、全体の収益モデルの20%を占めております。

 

f:id:phuquocseagift:20171204201125p:image

 

当社の強みは、徹底した市場調査、ファーストペンギン、デザインとブランド力、利便性、顧客ファーストの精神とオンラインマーケティングにあります。

 

f:id:phuquocseagift:20171204201124p:image

 

最後になりますが、今回の投資の目的は直近一年間で小売店を5店舗に増やす資金の獲得と、より専門的なシステムと規則を徹底するための知見やアドバイスをいただくことです。偉そうに申し訳ございません。。。

 

f:id:phuquocseagift:20171204201113p:image

 

SAVOURY SEA GIFT 代表 

山本 真也